« メチル・メタフィジーク | トップページ | スケバン刑事(その1) »

2005/08/07

明日香ふたたび

  • wada10書名「明日香ふたたび」
  • 著者「和田慎二」
  • 出版社「集英社」(MC)
  • 初版「昭和53年1月20日」
       (第11版 55,12,15所有)

収録作品

  1. 明日香ふたたび (別マ 51年5~6月号)
  2. キャベツ畑でつまづいて ( 〃 49年6月号)
  3. わたしと兄貴のアップルパイ ( 〃 48年2月号)
  4. ホットケーキ物語 ( 〃 47年2月号)

思い出

 「明日香」2作目・・・現代に生きる「謎の忍者集団」って、今でこそ「使い古された」感があるものの、当時としては「新しい」扱い方だったんじゃないか?・・・鎖で身体に縛り付けたバクダンってのはちょっと?だけど。
 和也の「超能力が効かない」体質もこの回より登場。・・・ラストに明日香が逃げ出すのも今回より・・・その後20年以上「永遠の追いかけっこ」が続くとはw

 同時収録作品の「エコと兄貴」シリーズ・・・申し訳ないが当時の思い出が無いのです。・・・掲載時には読んでいると思うのだが?
 まぁ、当時10歳代の「男子小学生」には「アリス趣味」は理解できないでしょうねw

|

« メチル・メタフィジーク | トップページ | スケバン刑事(その1) »

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116843/5352332

この記事へのトラックバック一覧です: 明日香ふたたび:

« メチル・メタフィジーク | トップページ | スケバン刑事(その1) »