« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007/02/11

神恭一郎事件簿 1

  • Wada611 書名「神恭一郎事件簿 1 」愛と死の砂時計
  • 著者「和田慎二」
  • 出版社「メディアファクトリー」(MFコミックス)
  • 初版 「平成15年1月31日」

収録作品

  1. 愛と死の砂時計 (別マ 48年8月号)
  2. バラ屋敷の謎 ( 〃 47年12月号)
  3. バラの追跡 ( 〃 50年5月号)
  4. メイキング オブ 神恭一郎事件簿 (描き下ろし)

想い出

 タイトルのとおり・・・「神恭一郎」の登場する作品をまとめた本・・・じゃないのですねこれがw
 神さんの登場する作品は、「愛と死の~」だけ・・・後2作品は神さんとはまったく無関係(とはいえ、3本目は美緒さんの話ではありますが)な、初期作品集になっております。

 その辺の事情については、メイキングで作者も触れておりますが・・・過去の作品が再録されてまとめられ、新しい単行本が出るときに・・・ページの都合等で載っていた短編が取り残されていく事が多いのですよ。・・・特に、シリーズとなっていった「明日香」や「スケバン刑事」のコミックスに載っていたものなど。

 ということで・・・「タイトルに偽りあり」などと怒らないように・・・大人の事情ですのでw
当然・・・その後に「2」「3」と続きます。

| | コメント (23) | トラックバック (0)

2007/02/10

アズマニア 3

  • Azuma60 書名「アズマニア 3」
  • 著者「吾妻ひでお」
  • 出版社「早川書房」(ハヤカワ文庫 JA COMICS)
  • 初版「平成8年7月15日」

収録作品

  1. やけくそ黙示録 (マンガ少年 56年2月号~5月号)
  2. 幻影学園 (コミックトム 6年4月号)
  3. スペース・フィッシュ・フラッシュ (レモンピープル 57年2月号)
  4. 変星 (ぱふ 55年7月号)
  5. 偉大な種 (別冊奇想天外 55年1月)
  6. すみれ光年前史 (単行本『すみれ光年』 60年1月)
  7. すみれ光年 (漫画アクション増刊 58年11月)
  8. ミニティ夜夢 (マイアニメ 57年7月号~58年8月号)

想い出

 ハヤカワ文庫(第3弾)・・・阿素湖素子の登場ですw・・・やはりこの人無くては「吾妻ひでお」は語れない・・・のか?

 でも、バラエティに富んだ「吾妻ひでお」の作品群・・・しかも「短編」が多いためか・・・このように文庫にまとまると、やはり「統一感」というものはあまりありませんねw・・・しいていえば、この本は・・・「女子高生」もの?(最初と最後の作品だけですがw)
 そう考えると・・・双葉社の「Hideo Collection」シリーズは、よくまとまっていたよなぁ。

 内容は、ほとんど再録・・・2番目の「幻影学園」だけが初出の(平成になってからの)作品・・・が、やはりその他の作品が「絶好調時期」の作品なだけに・・・登場人物の表情とかにちょっと違和感が感じられてしまいます。

| | コメント (8)

2007/02/03

はいからさんが通る

  • Haikarasan 書名「はいからさんが通る」全4巻
  • 著者「大和和紀」
  • 出版社「講談社」(講談社漫画文庫)
  • 連載「週刊少女フレンド 昭和50年7号~52年10号」
  • 初版「平成7年6月9日」(4冊とも)

収録作品

  1. はいからさんが通る
  2. はいからさんがこけた(番外編)
  3. 鷺草物語( 〃 )
  4. 蘭丸さま純情詩集( 〃 )
  5. 霧の朝 パリで( 〃 )

想い出

 姉の影響で読んでいた「少女フレンド」・・・その中でも、次の号が待ち遠しかったのが「庄司陽子」さんの作品とこの作者「大和和紀」さんの作品。
 特に大和さんの作品は・・・遊び心(今で言うパロディの先駆け)満載で、とても楽しかった。・・・今でこそ「大河作家」のイメージがあるけれど、当時は「ヤマト」だ「ガッチャマン」だと、作品の中に出てくるのですよ。

 さて、この作品は・・・アニメ化(途中打ち切りだったけど)もされた有名作品・・・コミックスは姉が持っていたので、当時は買ってなかったんですけど・・・文庫で4冊同時発売の時に購入しました。

 クライマックスが「関東大震災」・・・最初からこれに合わせて作品を構成していったのでしょうか?・・・でも、なかなかの盛り上がりを見せてくれます。・・・「ラリサ」は・・・読者に嫌われたんだろうなぁw

 番外編4編は・・・全くのドタバタパラレルワールドもの(「~こけた」)と、紅緒にふられた男性3人 鬼島(「鷺草~」)蘭丸(「蘭丸さま~」)冬星(「霧の朝~」)の後日譚

| | コメント (42) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »