2007/01/12

流れ星のジャッカル

  • Nagareboshi 書名「流れ星のジャッカル」
  • 著者「島本和彦」
  • 出版社「メディアワークス」(Dengeki Comics)
  • 連載「月刊電撃コミックガオ! 平成7年7月号~12月号」
  • 初版「平成8年5月25日」

想い出

 ふられたばかりの弱っている女の子に声をかけ・・・まわりから「ジャッカル」と呼ばれている主人公・・・そんな彼が、唐突に「宇宙人の美女」を助け・・・彼女を守るために戦っていくというお話・・・あれ?何処かで以前読んだことがあるぞ?

 そうです。このお話・・・作者(島本さん)が以前「増刊サンデー」に連載した「一番星のジャッカル」のリメイクなのです。

 主人公の「妙な空回り」感が、何とも言えない作品w・・・でも、これも打ち切りだったのかな?・・・最終場面は「草原に腕を組んで立ちはだかる」シーンで終わってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/11/06

スカルマン(島本版)

  • Skull_man_02書名「スカルマン」全7巻
  • 著者「島本和彦」
  • 原作「石ノ森章太郎」
  • 出版社「メディアファクトリー」(MFコミックス)
  • 連載「コミックアルファ 平成10年創刊号~11年17号」
       「コミックフラッパー 11年12月号~13年5月号」

想い出

 石ノ森章太郎が「サイボーグ009」を完結させるために創刊された新雑誌「コミックアルファ(現コミックフラッパー)」・・・その創刊号から連載された作品。

 物語は・・・石ノ森版「スカルマン」の「その後」の話・・・あの「炎に包まれた」ラストシーンから「主人公」達が脱出していたなんて事は、良くある話w・・・都会の中で暗躍する「謎の組織」・・・「くも男」「サソリ男」「植物男」「蜂女」「カメレオン」「コブラ男」「コンドル男」などの改造人間を操る組織・・・スカルマンはそれが「自分たちの両親」と何か関係があるのではないかと組織を追います。・・・そして・・・   というような話なのですが・・・

 う~ん?・・・ある意味「石ノ森作品」であり「島本作品」でもあるこの作品・・・でも、やはり「石ノ森色」の方が強いですね。・・・出てくる怪人は「旧1号ライダー怪人」ですし・・・「バッタ男」は出てきますしw・・・有名なところでは「最終回」の構図が「原作版仮面ライダー」そっくりだったり・・・

 島本版仮面ライダーの時のように・・・もっと自由に書いても良かったんじゃないかな?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/08/17

ザ・島本

  • The_shimamoto書名「ザ・島本」 島本和彦初期短編集
  • 著者「島本和彦」
  • 出版社「徳間書店」(SC SPECIAL)
  • 初版「平成7年11月25日」

収録作品

  1. 炎の転校生・怪獣戦闘! (週刊少年サンデー 61年6月増刊号)
  2. 太陽の戦士ウインドブレーカーX ( 〃 61年9月増刊号)
  3. ほとんどヒーロー ( 〃 58年10号~14号)
  4. 恋の資格がナッシング (ちゃお 62年5月号)

思い出

 島本さんの「初期作品集」・・・最近の「勢いのある言葉」が頻発する話ではなく・・・「勢い」そのままで突っ走る作品W

 「炎の転校生・怪獣戦闘!」は・・・名前の通り「滝沢くん」のあのマンガの・・・「劇場版」・・・「続編ではなく、完全な番外編である! 劇場版と呼んでもいいだろう!」・・・と、作者が言い切ってます。
 おかげて・・・「炎の転校生」がその後、漫画文庫等になっているにもかかわらず・・・この作品は収録されてません。
 ただね・・・「最後のコマ」などは・・・今のワイドテレビやシネスコサイズ放送が普通になってしまった今の若者には・・・理解できないでしょうね。

 「ほとんどヒーロー」は・・・「炎の転校生」連載直前に書かれた「短期集中連載」の作品・・・ほとんど「プロトタイプ炎転」です。

 「恋の~」は・・・ちゃおに連載された「少女マンガ」です。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006/06/07

神聖伝メガシード 創世編

  • Megaseed書名「神聖伝メガシード 創世編」
  • 著者「島本和彦」
  • 出版社「講談社」(HAOH KC)
  • 初版「平成9年7月23日」
  • 連載「覇王マガジン 8年5月号~12月号」

思い出

 マンガ・小説・ゲームと・・・いわゆる「メディアミックス」で展開した数多くの作品の中で・・・特に目立った所もなく「埋もれてしまった」作品の一つw
 実際この作品の「ゲーム版」・・・「神聖伝メガシード 復活編」を知っている人間がどのくらいいるのでしょう?・・・プレステのゲームらしいけど・・・全然知りませんでしたw

 このマンガも雑誌掲載時には見たこともなかったのですw・・・「島本和彦の本」ということで、手にした1冊なのですが・・・??

 「企画/サンライズ」「協力/講談社」・・・大手の企業がバックについて・・・たぶん「設定」とかいっぱいあったのでしょうね・・・丁寧に書かれている作品なのですが・・・マンガの中には「島本さんらしさ」がほとんど感じられません。

 話も、中途半端なところで「第1部・完」・・・いろいろと不満の残る1冊です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/01/31

仮面ボクサー

  • maskedboxer書名「仮面ボクサー」
  • 著者「島本和彦」
  • 出版社「徳間書店」(SC SPECIAL)
  • 初版「平成元年7月30日」
  • 連載「YOUNGキャプテン 63年1号~3号」

思い出

 コミッショナーが誘拐されて・・・「特殊な仮面」&「特殊なグローブ」を公認してしまい、それを着けた「世界征服ジム」の「怪人ボクサー」達が快進撃を続ける中・・・突如現れた一人の男・・・「仮面ボクサー」
 彼は「日本ボクシング界」を守るため・・・一人戦い続けるのです。・・・とはいっても「島本作品」・・・ノリはいつもの調子なんですがw

 これは、島本さんが公然と「石ノ森パロディ」をやった記念すべき作品ですねw

 掲載されていた「YOUNGキャプテン」・・・この作品がメインのようで、毎回表紙を飾っておりましたが・・・たった3号で休刊w・・・この作品も敵のマスクが「残り一体」となったところで中断・・・最終章(前・後編)は、単行本描き下ろし。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/01/04

炎の筆魂

  • fudedama書名「炎の筆魂 島本和彦傑作選」 1~3(2006,01,04現在)
  • 著者「島本和彦」
  • 出版社「朝日ソノラマ」ASAHI SONORAMA COMICS)
  • 初版「平成9年10月20日」
       「平成10年10月1日」弐之拳
       「平成17年6月30日」参之拳

収録作品

  1. 根性戦隊ガッツマン (少年エース 9年5月号)
  2. ちょっとだけUターン (少年キャプテン 元年5/18号)
  3. アカデミー (ヤングマガジンダッシュ 5年1号)
  4. 燃えよペン 第2部 (ヤングクラブ 3年8月号)
  5. あしたのガンダム (サイバーコミック 63年1号)
  6. 一巻あとがきマンガ
  7. 私立ジャスティス学園 予告編 (ゲーメスト 10年2/15号増刊)
  8. 私立ジャスティス学園 外伝 (ゲーメストムック 10年vol.123)
  9. 天下統虫物語 (コミックムウ 6年創刊準備号)
  10. ザ・勝負!! (ヤングアニマル 7年6~8号)
  11. ブライダルソルジャー (ミスターマガジン 5年ハッピー増刊)
  12. せがた三四郎 (ヤングアニマル 10年9号)
  13. 無謀キャプテン 第0話 (少年キャプテン 4年7月号)
  14. 弐之拳(二巻)あとがきマンガ
  15. 一番星のジャッカル (少年サンデー増刊 62年1~3月号)
  16. 炎のラウンド (ビックコミックスピリッツ増刊 62年10/29号)
  17. 島ちゃんのお涙劇場 (少年サンデー増刊 62年12月号)
  18. ファイナルワン (少年サンデー 元年5号)
  19. 逆襲棋士瞳 (ビックコミックスピリッツ増刊 63年1/20号)
  20. マグマ大使 (COMIC CUE 11年VOKUME SIX)
  21. 島ちゃんの4コマ劇場 (少年サンデー 63年44号)
  22. 参之拳(三巻)あとがきマンガ

思い出

 島本さんの、主に読み切りマンガ傑作選・・・バラエティーに富んだ作品群です。

 昨年6月に三巻(参之拳)が出版されて、今のところ3冊なのですが・・・まだまだ未収録があると思うので、これからも是非続けて出版を希望。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/30

燃えよペン

  • moeyopen書名「燃えよペン」
  • 著者「島本和彦」
  • 出版社「竹書房」(BAMBOO COMICS)
  • 初版「平成3年8月31日」
  • 連載「シンバット 2年6月号~3年4月号」
      「YOUNG CLUB 3年1~2号」

思い出

 ”全てのマンガ家がこうだと思ってもらいたい。”

 熱血マンガ家「炎尾燃」・・・月刊連載5本をこなすどこにでもいるありふれたマンガ家の・・・熱い「マンガ家人生物語」
 決して「炎尾燃」=「島本和彦」ではないらしいが・・・島本和彦を現在のポジションに落ち着かせた作品だと思う。(断定)

 現在、「サンデーGX」に連載されている「新 吼えよペン」は、コレの続編・・・なんだけど、だいぶ「雰囲気」が違います。・・・「燃えよ~」のほうが、リアリティがあるんですよねぇ。

 実は、この作品にも「幻の第2部」が存在するのです・・・第2部始まったとたんに掲載誌が潰れてしまったので完結していないのですが・・・「炎尾燃 アシスタント時代」の話・・・これは別の作品集の方に掲載されております。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/11/02

デスパイ

  • deathpie書名「デスパイ」
  • 著者「島本和彦」
  • 出版社「竹書房」(近代麻雀コミックス)
  • 初版「平成2年7月19日」

収録作品

  1. デスパイ (別冊近代麻雀 元年9・10月号 12月号~2年5月号)
  2. 奈々ちゃんスクランブル (近代麻雀オリジナル 63年10月号)

思い出

 デスパイ・・・元 麻薬Gメンだった者たちが 自らの立場 生活 その命までも捨て 法の目の届かぬ悪の中枢に侵入し 根本から叩きつぶすことを目的とした 警視庁管轄下にありながらも不法なる存在・・・そして彼らの行うことは・・・麻雀w(いや、確かに「賭け麻雀」は違法ですが)

 ということで、島本さんの「ハードボイルド麻雀マンガ」・・・とにかく「麻雀で勝負だ!!」の世界を描いておりますので、いつもの「島本流:熱い言葉」は出てきませんが・・・替わりに登場人物が「熱い!」
 主人公:飛岡=藤●弘をはじめ、松大=松●優作 樹葉=千●真一・・・と、俳優そっくりな登場人物・・・だって、表紙の絵・・・ポーズが「あれ」ですから。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/10/31

バトルサンダー 完全収録版

  • battlethunder02書名「バトルサンダー 完全収録版」全2巻
  • 著者「島本和彦」
  • 出版社「講談社」(KC フェニックス)
  • 初版「平成10年12月18日」2冊とも
  • 連載「月刊ヒーローマガジン 元年10月号~3年1月号」

思い出

 ということで、こちらが「完全収録版」・・・何が違うかというと・・・連載期間が、前回紹介した物より「2ヶ月」多いのです。・・・そう、実は前回の部分が「第1部」・・・そして「第2部」(この本には「番外編」として収録)が始まったのですが・・・掲載誌がその2ヶ月後に廃刊。話が「始まらない」うちに終わってしまったのでした。

 「生身に戻ったバトルサンダー」・・・が、突然復活した敵に襲われ・・・その息子が「2代目バトルサンダー」に改造されるのを決意する・・・ってところで「終わり」
 「ブラックハンターの娘」も「2代目ブラックハンター」になる(重傷を負ったため、先に改造)とか、いろいろ期待させる展開だったのに・・・

 この本。「完全収録版」だけあって、他にもいろいろおまけが・・・連載当時の「読者おたよりコーナー」とか「バトルサンダーひみつファイル」とか・・・で、やはりはずせないのが「あとがきマンガ」・・・この作品が「なぜ熱い」のか、その答えが載ってます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

バトルサンダー

  • battlethunder01書名「バトルサンダー」全3巻
  • 著者「島本和彦」
  • 出版社「講談社」(KC BOMBOM COMICS)
  • 初版「平成3年7月6日」3冊とも
  • 連載「月刊ヒーローマガジン 元年10月号~2年11月号」

思い出

 島本版「ウルトラマン」・・・宇宙から飛来した「謎の隕石」・・・調査に向かった天文台職員の前に、「謎の男」が立ちふさがります。・・・「危険なんだ・・・一人で行っちゃあぶない」・・・そして、隕石から謎の怪物が現れたとき「謎の男」は変身したのです!!・・・そんな感じのお話。

 しかし・・・なかなか「先取り」をしたような設定・・・「バトルサンダー」の前に立ちふさがる敵は、「同族のブラックハンター」・・・まるで「平成ライダー」や「平成ウルトラ」の様。

 さて、ラストで敵の首領「ゴルド」を倒した「バトルサンダー」と「ブラックハンター」(そこはお約束通り、途中から味方になっております)・・・まだ宇宙に散らばっている「第2・第3のゴルド」を倒すために、旅だって行きます。・・・地球に恋人を残したまま・・・
ってな感じでラストを迎えるのですが・・・これは「単行本化」されたときの書き直し・・・連載時はちょっと(かなり)違っていたのです。・・・それは・・・(完全収録版に続く)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧